image1 image2 image3 image4 image5

Welcome To WILD LIFE|We Love The Outdoors|Enjoy The Beautiful Nature With Us

骨折?

8月9日の火曜日の出来事だった。
朝起きて、ベッドから立ち上がると左足の親指の付け根が痛い。「あれ?どうしたのかな?」と思いつつ、「まぁ、そのうち治るだろう。」と放置していた。

"しかし、痛い。しかも腫れている。これって骨折みたいだ。"と感じながらも、そもそも、骨折するような心当たりもない。何といっても、前日は結構歩き回ったし、寝る前まで何ともなかった。
"これはきっとムカデか何かに噛まれたに違いない。"と、納得せざるを得なかった。

それから、三日が過ぎた。が、まだ痛いし、腫れも引かない。もしかしたら、新種の虫にでもやられたかもしれないと悩みつつ、不安になってきたので、総合病院へ行ってよく調べてもらうことにした。

病院は、新種の虫にも対応できると期待される日赤にした。
まず、受付で「何科を受診されますか?」と質問された。新種の虫にやられた可能性もあるので、「何科を受診すればいいか分からないのですが。」と答えると、保健師が相談にのってくれた。
保健師に症状を伝えると、「あっ。痛風、痛風。」と言い整形外科を案内してくれた。

痛風・・・?ショックである。が、あきらめの良い俺は瞬時に受け入れた。仲よくして行こう。

整形外科では、レントゲン撮影と、痛風の確認のため血液検査も受けた。先生曰く、足の親指の付け根は、痛風の症状が最も出やすい個所であるとの説明を受けた。
やはり、痛風・・・・・・。受け入れよう。俺はあきらめが良いはず。

しばらく待つと、レントゲン写真が出来上がり、血液検査の結果も出た。結果としては、「種子骨」という小さな骨が真っ二つに割れているとのことであった。
要は骨折で、痛風ではないそうだ。
あきらめが良いので一旦は痛風を受け入れたものの、骨折で良かった。
だが、骨は寝てる間に折れるものだろうか?先生に聞いたが、衝撃なしには折れないらしい。
寝ている間に、一体何が起きているのだろうか?新たな悩みが発生してしまった。

Share this:

CONVERSATION

0 コメント:

コメントを投稿

Wild Life. Powered by Blogger.