image1 image2 image3 image4 image5

Welcome To WILD LIFE|We Love The Outdoors|Enjoy The Beautiful Nature With Us

源流釣行


3月1日は、ヤマメやイワナを釣る渓流の解禁日だ。
3月に入り、最初の週末に、早速、マニアAとアッキーラとフライフィッシングに出かけた。アッキーラは、この日がフライフィッシングデビューとなる。いつも同行しているマニアB師匠は、「咳喘息」という意味不明な病に侵されてしまい参加できない。今回はいつも釣りに行く川の支流へ入り、源流へ向かって釣り歩いていく。
河川沿いには、得てして道路がある。日本は国土が狭いので、殆どの河川には自動車が通れる道路が沿っておりアクセスしやすくなっているが、今回行く支流には道路が沿っていないので、きっとあまり釣り人が入っていなくて、取り残された自然の中で大きく育った魚がたくさん釣れるのではないかと、期待に胸を膨らませていた。
今回の源流釣行にあたり、マニアAがこの支流について事前に調査してくれた。その調査結果によると、この支流沿いでは、昔、木こり達が小さな集落を作り生活していたようであり、現在は、近くの山への登山道として当時の道が利用されているようではあるが、その近くの山への登山道もメジャーな道が別にあるので、こちらの登山道はあまり利用されてはいないようである。
本流から支流沿いを車でしばらく登って行くと、道は無くなった。ここから先はリュックを背負い、歩いて川を遡上しながら魚を釣る。いよいよ、この世に残された数少ないサンクチュアリに足を踏み入れるのだ!
斜面を下り川へ降り立った。川幅は想像よりも広くフライフィッシングが快適にできそうだ。足元には透明度の高い美しい水が流れ、見上げると垂直に切り立った絶壁の岩の面が我々を圧倒し、未踏の渓流への期待感は高まっていく。まずはアッキーラのフライフィッシング基礎練習を指導しながら、周りの景色に見惚れていた。 我々はいつも、ドライフライと言って水面に浮く毛針を使って釣りをしていた。これは、水面の毛針に魚が食付く瞬間が楽しいのだ。しかし今回初めて、ビッグワンを釣りあげるに当たりニンフと言う水中に沈む毛針を用意していた。ドライフライほどの面白味はないかもしれないが、今期の目標であるビッグワンを釣り上げるためにはニンフの方が可能性が高くなると思われるからだ。この日俺は、最初からフライロッドにニンフの仕掛けをセットして、徹底的にニンフで攻め、誰もが驚くビッグワンをゲットする予定である。 マニアAもニンフの準備はしているが、とりあえず安易な気持ちで楽しいドライフライを使っていた。そして間もなく、マニアAはイワナ(ゴギ)を釣り上げたが、ドライフライなのでサイズは小さい。だがこれで、この川に渓流魚が生息していることが確定した。後は俺がちょっと深い辺りでニンフを投げれば、間違いなくビッグワンとのご対面である。 少し進むと、ニンフで釣る最適な場所が待っていた。ワクワクしながら初のニンフを投げ入れたが、想像どおりに事は進まず全く反応はなかった。その後も場所を変えて何度かチャレンジするが、どのポイントも全く反応がない。想定外だ。
初めての川なので、キョロキョロしながら辺りの状況を確認していた時、気付くと前方でマニアAがランディングネット(魚を取り込む網)を手にしている。魚が釣れたのだ!しかも小さな魚ではランディングネットは必要ないはず!その結果を早く確認したくてマニアAのもとへ駆け寄ると、ビッグワンとは言えないが、それでも結構いいサイズのイワナ(ゴギ)を釣っていた。 マニアAは、ドライフライを使っていた。俺は面白くないと思いつつもニンフを使っていた。マニアAの釣り上げたこの一本で、俺の固い意志は一瞬にして覆り、直ぐに楽しいドライフライに結び直した。
すっかり夢中になり1km程度進んだ辺りで気付くと昼時を過ぎていたので、昼食をとることにした。全く人気のない静かな山奥で木漏れ日のそそぐ河原にイスを置き、せせらぎを聞きながら、澄んだ川の水を沸かしてカップラーメンを食べ、コーヒーを淹れてくつろぎのひと時を過ごす。この快適な時間に幸せを感じるのだが、もし、このくつろぎのひと時のためだけにここに来ても十分には満たされないだろう。特に今回は未踏の源流へ足を踏み入れるという探検、その源流には昔小さな集落があったというロマン、そして何よりも美しい景色の中でのフライフィッシングの楽しみ、それに加えてこのくつろぎのひと時、これらを併せることで豊かで濃密で質の高い時間を過ごせるのだ。このことは、マニアAがよく口にしているが、マニアB師匠もアッキーラも、そして俺も共有している価値観であり、結果的に我々の行動のコンセプトにもなっている。 結局この日、ビッグワンとのご対面は無かったが、マニアAは何匹か釣り、俺とアッキーラは釣果なしだった。しかし、フライフィッシング初日のアッキーラは、フライを投げる技術が朝と夕方では見違えるほど上達していて、その意味では大きな成果を上げている。俺は何の成果もなかったのだが、とても楽しく満足のいく時間を過ごした。


Share this:

CONVERSATION

0 コメント:

コメントを投稿

Wild Life. Powered by Blogger.