image1 image2 image3 image4 image5

Welcome To WILD LIFE|We Love The Outdoors|Enjoy The Beautiful Nature With Us

ブリトップゲーム

マニアB師匠と、ブリトップゲームへ。乗る船は、前回もナイトシーバスでお世話になったGLITTER号だ。15時に周南市の港を出航し、野島(防府市)沖のオモゼへ向かう。船長の他には、その道具から相当の釣り好きと推測できるカップルが同乗している。
『ブリトップゲーム』とは、水深30m前後の大海原にルアーを思いっきり投げ、そのルアーを水面で引く。海中を回遊してきたブリがそのルアーを餌と思い、深場から海面のルアーに突進し、水柱を上げながらルアーに喰い付くという、刺激的なゲームである。
この日は風が強く、瀬戸内海と言えど湾から出ると高い波が船を大きく揺らしていた。船にしっかりと掴まっていないと海に放り出されそうで、マニアB師匠と「釣りを始める前に握力がダメになりそう。」とボヤいていた。
しかし、本当の問題は握力ではなく、ボヤキの真の対象は“高い波”である。高い波は、釣りにくくもあり、釣れにくくもある。大きく揺れる船上では竿も振りにくく、荒れた海面では、ブリもルアーに気付きにくいらしい。
オモゼに到着し、早速ルアーを投げ始める。この日がブリトップデビューである我々は、船長からレクチャーを受けるや否や、希望に胸を膨らませながら、何度も何度もルアーを投げ続けた。しかし、何度も何度も投げるが一向に反応もない。
“本当に釣れるのか?”と思い始めた時、同乗している釣り好きがブリを釣り上げた!そして、船長に記念撮影をしてもらっている。“すげー。やっぱ釣れるんじゃ!”と感心していると、マニアB師匠も記念撮影する姿を羨ましそうに眺めていた。ブリを釣り上げる光景を目の当たりにした我々は、“俺のルアーにも、きっと喰い付いてくるはずだ!”と思い込み、アホのようルアーを投げ続ける。
そんな中、マニアB師匠のリールの糸が度々絡まり始めた。船長曰く、リールに糸を巻き過ぎているらしい。それを聞いたマニアB師匠は船上に座り込み、リールの糸を短かくし、仕掛けを結び直す作業を始めた。
実は、今まで隠し通して来たが、マニアB師匠は船酔いしやすい体質である。カヤックに乗る時も、波がある日は酔い止めを飲んで出航している。もちろんこの日も酔い止めは服用済みである。しかし、リールの糸を短くし終えたマニアB師匠は「ヤバい。」と言い始めた。確かにその顔は青白くなっている。酔い止めを飲んでも、揺れの大きい船上で細かな作業をすると、やっぱり酔ってしまうらしい。マニアB師匠は無口になり、顔色も悪く、かなりキツそうに見えたが、頑張ってひたすらルアーを投げ続けている。
マニアB師匠が頑張るのには、理由がある。簡単に言うと“悔しい”のだ。事実、この日も幾度となく「悔しいのぉ!」と言葉を漏らしていた。では、なぜ“悔しい”のか?それは本人曰く“劣等感”であり、これがマニアB師匠の生きる原動力になっているらしい。そしてこの原動力に火が着いた時、その対象にとてつもない情熱を注ぎ、成果を導き出していく姿を、俺も何度も見てきている。この日のブリトップにも、既に火は着いているのだ!
あともう少しで夕陽が水平線に沈む頃、マニアB師匠が急に「出たっ!」と言った。ブリがルアー目掛けて攻撃を仕掛けて来たが、ルアーには掛からなかったらしい。ちょうど写真を撮っていた俺に「すえちゃんも早よ投げりいやっ!」と言う。慌てて投げようと準備していたら、今度は「来たっ!」と言った!マニアB師匠を見ると、竿が大きくたわんでいる。
[これ以降、釣り上げるまでの動画]

ブリがマニアB師匠の情熱に負けた。
さっきまで青白い顔で無口だったマニアB師匠の表情には完全に血の気が戻り、清々しい満面の笑みが溢れ、そして多弁となった。この時、失礼ながらマニアB師匠を憎たらしく思えたのだが、これには船長も共感してくれた。
後から船長が教えてくれたが、この日はブリトップとしては最悪の天候で、潮も悪く、そもそもシーズンも終わりかけている。そんな中で初心者が釣り上げた事は奇跡に近いと。
さて、この後、船長は「このままナイトシーバスに行って鬱憤を晴らそう」と、何の釣果もなかった俺を気遣い、誘ってくれた。“良しっ!シーバス何本か釣って気晴らしするかっ!”と思い、誘いに乗ったのだが、何故かこの日はシーバスが全然釣れず、ここで成果を出したのも、マニアB師匠だった・・・・。

Share this:

CONVERSATION

0 コメント:

コメントを投稿

Wild Life. Powered by Blogger.